2009年7月22日 部分日食

2009年7月22日は国内では46年ぶりとなる皆既日食が見られる日でした。九州北部でも約90%ほど欠けるとのことで見てみようと思っていたのですが、ここのところすっきりしない天気ばかり。予報も微妙だったので半ばあきらめていたのですが、前日になってみると予報は曇りのち晴れ。これは見られるかも?というわけでいろいろやってみた記録です。

下準備

日食の撮影にはND10000を使用したり、ND400とND8を重ねるといったあたりが定番の撮影方法のようですが、ND400ならまだしもND10000なんて売っていないし高い。そもそもどちらとも日食特需で欠品しているらしい。そういうわけで代わりを探していて目に付いたのが、100円ショップのサングラス。今回はレンズが大きい、めがねの上につけるタイプを選択しました。

帰ってから実験してみると、レンズ1枚あたり光量が1/9程度になるようです。ということは、4枚重ねれば光量を1/94=1/6561に押さえることができるはず。これならND10000には及ばないものの、ND400+ND8(光量1/3200)よりは効果が大きいのでなんとかなりそう。使用に当たってはこれを適宜重ねることになりますが、1枚単位で調節する必要があるとは思えなかったので、取り扱いやすさも考えて2枚ずつに接着してしまいました。

今回購入した製品
今回購入した製品 (分解前は撮り忘れた)
取り外して接着
取り外して接着した様子

いざ本番

朝起きてみると微妙なお天気。大丈夫なのかと心配していたものの、雲の切れ間からなんとか日食を見ることができました。

9時1分
9時1分、普通の太陽。
9時45分
9時45分、かけ始めている。
9時48分
9時48分、3分前と比べてみると食が進んでいる。
9時58分
9時58分。
10時8分
10時8分。
10時18分
10時18分、勘違いしたヒグラシが鳴いている。
10時30分
10時30分。
10時38分
10時38分。
10時47分
10時47分、もうすぐ最大。
10時55分
10時55分、ほぼ最大、のはず。
11時8分
11時8分、ピークを過ぎて戻り始めている。
11時19分
11時19分。
11時30分
11時30分。
11時38分
11時38分。
11時47分
11時47分。
11時57分
11時57分。
12時8分
12時8分。
12時15分
12時15分、まだ左下が微妙に欠けている。
12時17分
12時17分、☆終了しました☆

おまけ

10時49分
10時49分、もう減光しなくても撮影できるほど明るさが落ちていました。
12時17分
12時17分、左の写真もそうですが、まるで夜空に浮かぶ月のよう。

最後に

次に国内で皆既日食が見られるのは26年後だそうですが、次は皆既を見てみたいなぁ。

Copyright (C) 2009 風華 All rights reserved.